格闘技界のエースとして名前が上がるのが“神童”の異名を持つ・那須川天選手。

そんな那須川選手との対戦相手として、格闘技ファンから名前が上がるのがK-1のエース武尊選手です。

この記事では、格闘技界の2大スターのドリームマッチ実現の可能性、どちらが強いかを徹底解説します。

スポンサーリンク

那須川天心のプロフィール

本名:那須川天心(なすかわ てんしん)
出身地:千葉県
生年月日:1998年8月18日
身長:165cm
体重:58.0kg
所属:TARGET/Cygames

スポンサーリンク

那須川天心:経歴

父親から「天に心を持つ。天のような大きな心を持ち、感謝の気持ちを忘れない人間になってほしい」という意味を込めて名付けられた那須川天心選手。

子供の頃から運動神経抜群だった那須川選手は、父親が極真空手をやっていた影響で、5歳の頃から空手をはじめることになります。

小学校5年生の時には極真空手のジュニア世界大会でも優勝するなど、格闘家としての才能をこの頃見せていた那須川選手。

小学校6年生の時にテレビでK-1のリングで戦う魔裟斗さんの姿に憧れ空手からキックボクシングへと転向を決意。

中学2年生でキックボクシングの全国大会である藤原敏男杯で優勝飾り、未来のチャンピオンとして期待を集めた那須川選手。

高校はトレーニングや空手に時間を費やしたいという理由から4年制となる千葉県立松戸高等学校の午前部に進学。
「TARGET」というジムに所属して学業も大事にしつつ、練習時間も確保できるようになった那須川選手は、高校1年生だった2014年7月プロデビューを飾ります。

スポンサーリンク

那須川天心:戦績

破竹の快進撃を見せた那須川選手は、2015年5月には村越優汰がもつRISEバンタム級のベルトをデビュー以来破竹の6連勝で獲得。

これは、16歳でのチャンピオンは史上最年少記録で、神童という異名そのままの才能をプロのリンクでも発揮します。

同じ年の「BLADE」の-55kgトーナメントでも全試合KO勝ちで優勝、さらに翌年にはムエタイ最高権威のルンピニー王者にKO勝ちをおさめた那須川選手。

満を持して2016年年度末の「RIZIN」ではキックボクシングではなく、総合格闘技のリングにもデビュー、ここでも連勝を飾ります。

2017年には「RIZIN」キックボクシングトーナメントでも優勝、2018年6月の「RISE」幕張メッセ大会で強敵のロッタン・ジットムアンノンに判定勝利をおさめ「RISE」初の世界王者を奪取した那須川選手。

そんな那須川選手のプロ入り後の戦績は、28戦全勝、21KO勝ちという驚異的なものになります。

補足すると、2018年大晦日に開催された「RIZIN.14」のフロイド・メイウェザー・Jr戦は、エキシビションのため戦績にはカウントされません。

那須川天心のファイトスタイル

格闘家の長所はそのファイトスタイルによく現れます。

那須川天心選手のファイトスタイルを一言で表すなら、パワー、スピード、ディフェンス、戦略、タフネス、スタミナなど、格闘家に必要な全ての要素に優れたオールラウンダーと言えます。

全ての要素がハイレベルですきのない戦いができる選手なんですね。

その中でも、特に那須川選手が天性とも言えるセンスを発揮するのがカウンター

カウンターは相手の攻撃をかわしつつ、一撃必殺の攻撃を見舞う攻撃。

那須川選手は「相手に当てさせずに当てる」技術に優れいてる選手で、ここしかないタイミングでカウンターを打ち込むことができる技術があります。

また、エキシビジョンのメイウェザー戦をのぞく、プロ入り後の全ての試合でダウンしたことないことが示すように、防御技術もハイレベルな選手とも言えます。

そして、もう1つの武器としては、多彩な足技が挙げられます。

伝家の宝刀と呼ばれる胴回し回転蹴りや、相手のボディに打ち込んでいく後ろ回し回転蹴りなど、一撃必殺の足技にも優れているから、どんな相手にも勝てるんですね。

武尊のプロフィール

本名:世川武尊(せがわ たける)
出身地:鳥取県米子市
生年月日:1991年7月29
身長:168cm
血液型:AB
所属ジム:K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST

武尊:経歴

大のプロレスファンだった父の影響で、小さな頃からプロレスを見て育ったという武尊選手。

そんな武尊選手は小学校2年生の時にテレビの「K-1 ワールドグランプリ」を見て、空手着をまとい強敵を次々に倒して行くアンディ・フグ選手の姿に強い影響を受けることになります。

空手をやれば、自分も「K-1」のリングの上に立てるかもしれないと思った武尊選手はすぐに親に空手を始めたいと伝えたとのこと。

週3回は道場に顔を出すなど格闘技の道にのめり込んでいたはずの武尊選手ですが、中学生になると、髪も明るく染め、左耳にピアスの穴を開けるなど、見た目が派手になったそうです。

そうした中、格闘技の世界に行くか保育士の道に進むか決められなかった武尊選手は、高校はボクシング部があって保育士の資格もとれる学校に進学。

けれども、中学時代からのヤンチャ癖が仇になり、入学3ヶ月で退学が言い渡されることになります。

この退学の結果、武尊選手は空手からキックボクシングへと転向、通信制の高校へ再入学することになります。

格闘家になることを決意した武尊選手は2008年にアルバイトでお金を貯めタイに渡航、キックボクシングの本場・タイで武者修行に明け暮れます。

高校卒業後す「チームドラゴン」に入門して様々なアマチュア大会に出場して経験を積んだ武尊選手は、2011年9月24日の「Krush.12」で念願のプロデビューを果たします。

武尊:戦績

2013年5月12日開催の「Krush.28」の-58kg初代王者決定トーナメントで判定勝ちして王座を獲得した武尊選手は、「Krush.」では3度の王座防衛に成功します。

「Krush.」での成功を受けて、「K-1」のリングにも進出した武尊選手は2015年4月に、初代スーパー・バンタム級王座決定トーナメントで王座を獲得。

さらに2016年11月に初代フェザー級王座決定トーナメントでも優勝して2階級制覇を達成した武尊選手。

2019年3月開催の「K’FESTA.1」ではスーパー・フェザー級王座決定トーナメントでも優勝を飾り、「K-1」のリングでは史上初となる3階級制覇の偉業を成し遂げます。

そんな、武尊選手のプロ入り後の戦績は、37戦36勝1敗、21KOという凄まじいものになります。

武尊のファイトスタイル

那須川選手がオールラウンダーでカウンターに優れているのに対して、“ナチュラル・ボーン・クラッシャー”の異名を持つ武尊選手は強烈なパンチ力を持つ,ハードパンチャータイプの選手

パワフルなパンチを持つ武尊選手は、ベタ足で圧力をかけながらひたすら相手を攻撃しまくる、肉を切らして骨を断つ武骨とも言えるファイトスタイルで格闘技ファンを魅力してきました。

ディフェンス技術が低いわけではないんですが、際立った攻撃力を武器に、相手からパンチをもらおうが前に出て、打ち合い勝利をおさめるスタイルは痛快そのもの。

勝ち方にも美学を感じさせるのが、武尊選手が「K-1」のリングでカリスマ的な人気を誇る理由です。

ただし、攻撃的なスタイルの中にも、相手の弱点を正確に打ち抜く打撃精度の高さや、ローキックやボディブローなども織り交ぜるコンビネーションにも優れています。

また、リスク覚悟の攻撃的なスタイルを貫けるのは、武尊選手の相手の攻撃を受けても倒れない天性の打たれ強さも武器と言えますね。

那須川天心と武尊によるドリームマッチの実現の可能性

日本格闘技界のドリームマッチと言える那須川天心VS武尊戦は、格闘技ファンが熱望するカード。
ただし、これまで実現しなかった那須川天心VS武尊戦実現の可能性は現時点では60%くらいと言えますね。

なぜ、対戦が熱望されているのに2人の対戦が実現しなかっというと、武尊選手が所属するのは「K-1」で、一方で那須川選手が所属する「RISE」と所属団体が違うのがその理由

「K-1」と「RISE」との関係は良好とはいえず、選手が対戦にOKでも、団体と選手の契約上の問題という大人の事情が2人の対戦の壁になっているんですね。

また、那須川選手は「RIZIN」など総合格闘技の大会にも積極的に参加するのに対して、武尊選手は「K-1」を盛り上げたいという考え方の持ち主。

そうしたこともあり、2015年に1度だけ「RIZIN」のリングに上がったことはありますが、これ以降、武尊選手は「K-1」以外のカードに出場していません。

大人の事情とも言える「K-1」と「RISE」の契約の問題をクリアすることがドリームマッチを実現させるための一番の問題と言えます。

那須川天心と武尊の仲は?

所属団体の仲は良好と言えない那須川選手と武尊選手。

けれども、昨年の「K-1」のラスト興行で、武尊選手は「僕は必ず実現させようと思っています。そして、実現させるだけでなく僕は勝つ気でいます」とコメント。

実際の2人の仲はわかりかねる部分もあるんですが、こうした挑戦状とも取れる言葉を送るなど、やはり宿命のライバルとして意識する仲であることはわかります。

また、那須川選手に向けて対戦を熱望していることを武尊選手が伝えたことで、いよいよ今年は那須川天心VS武尊戦実現の気運が高まっていることもあり、可能性は60%としました。

二人とも,格闘技を愛し,盛り上げたいという気持ちは一緒だと思うので,対戦が実現したのちは,仲良く遊びに行く姿なんかが見られるかもしれませんね。

那須川天心が心配されるメイウェザー戦のダメージ

昨年開催された「RIZIN.14」で、那須川選手は、ボクシングルールでのエキシビションマッチで、フロイド・メイウェザー・Jrと対戦。

結果は、体格差やキックボクシングの選手が、ボクシングの最強選手とボクシングルールでの対戦という違和感のある形式もあり、1R TKO負けを喫します。

「あれ以上、怖い選手と戦わないから、経験になりました。もう怖いものはないです

(引用:https://www.sponichi.co.jp/battle/news/2019/01/19/kiji/20190119s00003000132000c.html)」

とコメントしたように、メイウェザーの強烈なパンチをまともに受けて受けて審判が止めに入り、命の危険も感じさせるほどの壮絶なダウンを喫します。

そうしたこともあり、武尊選手との対戦は見たいが、那須川選手のコンディションを心配する声が上がっていました。

「今は練習はしているんですけど、頭にダメージを食らわないように工夫しながらやってます(引用:https://www.sponichi.co.jp/battle/news/2019/01/19/kiji/20190119s00003000132000c.html)」

ただし、頭のダメージについては様子を見ながらも練習は再開しているとのことで、3月に開催される「RISE WORLD SERIES」にも出場を決めています。

そうしたこともあり、メイウェザー戦のダメージが心配されていた那須川選手ですが、仮に武尊選手との対戦が実現したとしても、コンディション的には問題はなさそうと言えます。

那須川天心と武尊はどっちが強い?

実際に那須川選手と武尊選手と対戦したとすると、現時点では6体4で那須川選手が有利なのではと感じています。

それは、前述のように那須川選手の相手の攻撃をかわす能力が高いことがその理由。

武尊選手の前に積極的に出てパンチを打ち出したとしても、那須川選手がそれをうまくかわしながら、必殺のカウンターを炸裂させて試合を有利に進める可能性が高いんですね。

また、前に出ても下がりながら戦うこともできる、スピードでかく乱することもできるなど、那須川選手は対戦相手に応じて戦い方を変えることのできるクレバーなファイターでもあります。

要は武尊選手よりも戦術の幅が広く、その辺りも那須川選手に有利に働く部分なんですね。

けれども、武尊選手は那須川選手よりも強烈なパンチを持っていて、それを当てることができれば状況は有利になります。

予想としては那須川選手が有利なんですが、実際に対戦して見ないとどちらが本当に強いのかの判断はできません。

まとめ

・那須川天心選手は「RISE」の武尊選手は「K-1」の絶対的なエースとして君臨するも、所属団体が違うこともあり、対戦実現が難航してきた

・ただし、武尊選手がリングの上で那須川戦を希望するコメントを出したことで、いよいよ、那須川天心VS武尊のドリームマッチが実現するのではと期待が集まっている

スポンサーリンク
おすすめの記事